ヒューマンアカデミー たのまな 通学制スクール


ヒューマンアカデミー たのまな 通学制スクール


全国各地にあるスクールをご利用いただいての受講も可能です。

 

 

受講案内

受講までの流れ

まずは講座を探す

診断や取りたい資格などから、学びたい講座を絞り込みます。どんな資格や講座が自分に向いているのかを知りたい方は、こちらのコンテンツがお役に立ちます。

気になる講座を見つけたら・・・

気になる講座を見つけたら、直接校舎に問い合わせるか、資料請求や体験セミナー、講座説明会に参加するなど、本当に自分に会っているかをご確認ください。

開講スケジュールと支払い方法を確認してお申込

受講したい講座が決まったら、受講料のお支払い方法を決定します。
受講したい講座が、各種割引制度が適用される場合や給付金の対象講座となっていることもあります。また、各種学習ローンもご用意してありますので、ご自分に合ったお支払い方法をご選択いただけます。

受講開始

修了証書について

カリキュラムに記載の授業回数の80%以上を出席し、かつ、受講修了を認定された人には授業最終日にヒューマンアカデミー発行の『修了証書』をお渡しします。『修了証書』は実践をベースに組み立てられたカリキュラムを履修し、そのスキルを身につけた人材である証となります。

修了証書と合わせて就職に関するアンケートハガキをお渡ししております。就職決定時には必要事項をご記入いただき、ご返送いただけますようお願いいたします。

休学・復学について

■休学規定

やむを得ない事情により受講継続が困難になった時は休学を申請することができます。

  • ①休学期間は1つの講座ごとに最短1ヶ月~最長1年です。受講修了日から遡って1ヶ月未満時点での休学申請や、
    1年を超えて休学することはできません。
  • ②休学期間は毎月1日~末日までを同月度として1ヶ月単位で算出します。
    休学開始日は毎月1日付扱い、復学期限は毎月末日付になります。
    《例》
    1月1日から休学開始(=休学開始:1月度)⇒最長休学期間:12月31日まで(=復学:12月度)
    1月31日から休学開始(=休学開始:1月度)⇒最長休学期間:12月31日まで(=復学:12月度)
  • ③休学期間の算出は申請時期に関係なく実際に休学を開始した月を起算月とします。
    《例》
    4月10日に休学申請、5月1日から休学 ⇒休学開始月:5月度
  • ④休学期間の算出例
    《例》フードコーディネーター養成講座 1月生(1月受講開始⇒12月受講修了/受講期間:12ヶ月)

◆受講期間中に1回休学をする場合

◆受講期間中に2回休学をする場合

  • ⑤休学の申請方法校舎所定の位置に設置された『休学・復学届』の「休学」に○印を入れ(=『休学届』)、必要事項を記入し『受講証』と一緒に事務局受付カウンターに提出してください。
    口頭のみの申請は無効です。『休学届』の提出および受理をもって正式に休学が認められます。

■休学に関する注意事項

  • ①休学期間中は『受講証』を事務局に返却しますのでヒューマンアカデミーの受講生とみなされません。
    そのため『受講証明書(在籍証明書』や『修了見込証明書』などの各種証明書類の発行はできません。
  • ②事務局で『休学届』を受理した時に申請者に本人控えとしてコピーをお渡しします。『休学届』のコピーは復学の際の『復学届』となり、また、「教育訓練給付制度」などの行政・団体の給付制度を利用する人は給付金支給申請の際にも必要となりますので紛失しないよう大切に保管してください。
  • ③『休学届』が提出されない期間は受講中とみなされます。復学予定月の変更(休学期間の短縮や延長)がある時は新たに『休学届』を提出しなおしてください。
  • ④休学開始月から1年を過ぎて復学の申請なき場合は実際の出欠に関係なく自動的に復学扱いとなり、休学で延長できる受講期間の最終日をもって受講の権利を喪失します。
  • ⑤復学時期によっては授業で使用する教材、カリキュラム内容、設備環境(パソコンのハードやソフトのバージョンなど)、受講修了認定要件、目標資格、およびサポート制度が変更されている場合があり、休学前と同じ条件で受講を再開できる保証はないことをご了承ください。
  • ⑥休学により検定試験の受験時期に変更が生じた時に、既に受験料を納入済みであった場合などの対応については検定試験主催団体の規定に準じます。

■復学規定

一定期間の休学の後、復学が可能となった時は復学を申請してください。

  • ①復学期限は休学開始月から起算し1年以内です。毎月1日~末日までを同月度として1ヶ月単位で算出します。《例》
    1月10日から休学開始(=休学開始:1月度)⇒最長休学期間:12月31日まで(=復学:12月度)
  • ②復学月は申請時期に関係なく実際に復学した月を算月とします。
  • ③復学の申請方法復学の時期が決まりましたら復学希望日の1ヶ月前までを目安に事務局スタッフ宛に電話またはメールで連絡をしてください。事務局スタッフに連絡後、休学申請時にお渡しした『休学・復学届』のコピーの「復学」に○印を入れ(=『復学届』)、必要事項を記入し、事務局受付カウンターに提出してください。口頭のみの申請は無効です。『復学届』の提出および受理をもって正式に復学が認められます。

■復学に関する注意事項

  • ①復学申請は自己申告制です。事務局スタッフから特別なご案内はいたしません。
  • ②復学を希望するクラスの開講日、定員数、あるいはカリキュラムの進行状況によってはご希望に添えない場合があります。
  • ③カリキュラム内容、設備環境(パソコンのハードやソフトのバージョンなど)、修了認定条件、資格内容などの変更に伴い使用する教材が変更となった場合は復学時に新たに購入していただきます。教材の交換はできませんことをご了承ください。

退学について

■自主退学

休学や通学クラスの変更などによっても解消できない事情により受講継続が不可能となった時は自主的に退学を申請することができます。

  • ①退学には所定の手続きが必要となりますので事務局スタッフにご相談ください。
  • ②退学に伴い申込講座の受講開始前解約、あるいは受講講座の中途解約となる場合については『入学申込書』の裏面に記載の『受講契約書』の内容に基づき所定の手続きを行います。